皮膚常在菌

美容業界で大注目!お肌のうるおいを決める美肌菌の働きとは?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
サプリソムリエ宮下です。

 

今日は美肌菌の働きについて。

 

前回までに
美肌のためには
皮膚常在菌と仲良くなることが大事
ということをお話ししてきました。

人間の身体の色々な所に
常在菌と呼ばれる菌が住んでいて。

 

その多くは身体を守ってくれています。

腸内細菌が有名ですが
近年注目され始めているのが
皮膚常在菌。

 

彼らと仲良くなることが
美肌への近道。

 

これまではこの菌の存在を無視し

1️⃣クレンジング
2️⃣洗顔
3️⃣スキンケア

の3つが
外からできる美肌の基本
とされていましたが。

 

今後はこの3つの前に

0️⃣育菌

の時代が今まさに始まろうとしているのです。

 

例えばこれまで美容系の雑誌には
よくこういう図が載っていたと思うのですが

 

今後は菌をプラスした
こういう図が増えていくでしょう。

 

 

というわけで
今日はその菌の特徴について。

 

まず皮膚常在菌の中で
特に重要なのはこの3種類

 

腸内細菌にも
善玉菌、日和見(ひよりみ)菌、悪玉菌の3種類がいましたが皮膚常在菌も一緒なんですね!

 

さてその中でもまず大事な善玉菌。

表皮ブドウ球菌

についてお話しします。

こんな感じの丸い形で
ブドウのように連なることから
名付けられたこの菌。

実は昔から存在は知られていたのですが

特に病気などに関わりがなく
研究が遅れていた菌。

 

現代の医学・細菌学の世界では
命に関わる病気や
健康に関わる菌の方が優先的に研究されるので

 

なんか皮膚の上におるけど
害はなさそう

という表皮ブドウ球菌は
何十年もスルーされていた存在でした。

 

しかし2010年。

 

ある日本人研究者が
表皮ブドウ球菌が美肌を作るメカニズムを特定し

美肌菌✨

と名付けたことで一気に業界の話題となり
そこから研究が進んで来たんです。

 

 

それはまるで
今まで目立たなかったメガネっ娘が
メガネを外すとクラス1の美少女だったかのよう。

 

それはまるで
ずっと一緒にいた幼なじみの娘が
やっと一番大事だったことに気づいたかのよう。

 

 

…こういうことを書いちゃうから

腸内フローラ(お花畑)ならぬ

脳内フローラおじさん

って言われちゃうんですよねー💔


⬆️ちなみにこれは腸内フローラ

 

 

えー、さて。

 

この美肌菌の働きはざっくりいうと


✅脂肪酸を作って

お肌を弱酸性に保ち
雑菌や悪玉菌が増えるのを防ぐ

「グリセリン」を作って
お肌の潤いを保つ。

の2つ。

 

これによって肌を良い状態にしてくれ
プルップルのツヤッツヤに
してくれる菌。

彼らの住みやすい肌を作ってあげると
どんどん美肌にしてくれるんですね✨

 

グリセリンを作る

というとなんか難しいんですが
要は皆さんが

お肌の潤い❤️

って言ってるのはコレのこと。

 

 

もしかしたら
今使われている化粧水や美容液にも
入ってるんじゃないでしょうか?

うちにあった2種類の化粧水の成分表を見ても
両方、水の次にこれが来ています。

 

 

けどこれって要は
この美肌菌がしっかり働けば
勝手に作ってくれるもの

 

美肌菌は

天然の化粧水

を作ってくれてお肌をプルップルにしてくれてるんですね‼️

 

もう1つ。

美肌菌は脂肪酸を作ることによって
お肌を弱酸性にします。

中学の理科
高校の化学で習った方も
多いかと思いますが

酸性・アルカリ性ってのは
pH(ペーハー)で表され。

数字が小さければ小さいほど酸性。
大きければアルカリ性。
真ん中の7が中性です。

で、健康な人のお肌はpH4.5〜5.5の
弱酸性。

 

 

ビ○レのCMとかで

お肌には弱酸性が良い❤️

というイメージがある方も
いらっしゃると思いますが。

これはお肌が元々弱酸性だから。

実は人間にとって悪い菌。
悪玉菌や病原菌は
酸性が好きではありません💔

なので、弱酸性にしてたら
そういう悪い菌が寄ってこない。

僕も大切な娘が大人になって
悪い菌が寄ってきやがったら

 

 

弱酸性のお酢をぶっかけてやろうと思います💢

 

 

 

 

…冗談ですよ冗談😆

 

 

娘が連れてくる男性なら
喜んで賛成してあげます。

 

 

 

 

賛成だけに。

 

 

 

 

…でも、善玉菌が増えることで
お肌が弱酸性に保たれるので

結果的に肌トラブルを起こす悪い菌も
増えなくなるんですね。

 

この意味でも美肌菌。

 

ちなみに、よく

赤ちゃん肌になりた〜い❤️

っていう無理なことを言う

オバお姉さんがいますが。

 

 

pH的には
赤ちゃんの肌は中性に近く
必ずしも理想の状態とは言えません。

 

赤ちゃんがオムツかぶれになってしまったり
とびひなどにかかりやすいのは
これが原因なんですね。

 

同じようにご年配の方も
中性に近くなっていき
お肌がカサカサしてくる方が多いんです。

これらは皮膚常在菌のバランスも
関係していたんですね。

と言うわけでまずこれが
美肌菌こと表皮ブドウ球菌の働き。

しかしお肌のバランスは
この菌だけで決まる訳ではありません。

というわけで、次回も皮膚常在菌についてのお話です。

 

公式LINE登録のオススメ

最新の栄養学の情報や
更新情報をお受け取りいただけます。

現在4000名以上の方に
ご登録いただいております。

たくさんの方にご覧いただきたいので
ぜひご登録&ご友人への
ご紹介お願いいたします。

ご登録はこちらから↓

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss